レーザー脱毛と医療レーザー脱毛の違い

「レーザー脱毛」と「医療レーザー脱毛」

永久脱毛には様々な種類の施術方法がありますが、なかでも最もメジャーなのは「レーザー光線」を使用した「レーザー脱毛」です。
「レーザー光線」とは、電磁波を増幅させて人工的に作られた光であり、医療分野、科学分野、工業分野、家電などに幅広く利用されています。

 

ここで「レーザー脱毛」に関する注意点を少し説明しましょう。

 

まず、「「レーザー脱毛」は医療機関においてのみ受けることができる」ということを覚えておいてください。

 

ここで、「え?!」と驚かれた方もいるかもしれませんね。

 

「エステにもレーザー脱毛があるじゃない」・・・、恐らく多くの方がこのように思われたのではないでしょうか。

 

また、医療機関が行っているのは「医療レーザー脱毛」、エステで受けられるのは「レーザー脱毛」、こんなふうに認識されている方もいるようです。

 

「レーザー脱毛」と「医療レーザー脱毛」、なんだか紛らわしいですが、実はこれ、両方とも全く同じものなのです。

 

確かに、エステティックサロンの広告などには「レーザー脱毛」といった記載があったりします。しかし、実際にはレーザーではなく、IPLというレーザーに似た光を使ったもの(フラッシュ脱毛)であることがほとんどです。

 

レーザーと光の脱毛機は何が違うかというと、レーザーの出力が違っています。医療クリニックで使われているレーザーはエステで使用している光脱毛機の出力を全開にしても医療施設で使われているレーザーには及びません。

 

そもそも、「レーザー脱毛」はその強すぎる出力のため火傷の恐れがあるため医療機関にのみ許可されている施術方法です。もしエステティックサロンで「レーザー脱毛」が行われているとしたら、それは違法行為になります。

 

レーザー脱毛は、発毛組織を破壊して本来のメカニズムを物理的に停止させる行為であり、外科的な処置と変わりない行為です。また、身体へ直接的に影響を及ぼす脱毛施術については、厚生労働省においても「医療行為と同等である」という公式見解が出されています。

 

従って、医療行為であることを明確にするために「医療レーザー脱毛」という名称を用いることが多くなりました。

 

皮膚組織に直接影響を与え、多少なりとも肌に負担を掛けることに間違いはありません。

 

多かれ少なかれ肌に負担を掛けることになる脱毛・・・、ましてや医療行為であるならば、設備や体制がきちんと整った医療機関において、医療従事者の下で施術を受けるのことが最も安全性が高く、尚且つ、適切であると言えます。

 

ただし、医療レーザー脱毛は医療行為なので初診料、薬代などがかかり、しかも保険が適用されないため施術費用が高額になってしまうところがネックです。しかも出力が強い分痛みもそれ相応にあります。その点、エステの脱毛は、出力が弱いので脱毛効果は少なくなってしいますが、痛みも少なくコストも抑えて脱毛することができます。