医療レーザー 施術手順

医療レーザー脱毛の施術手順

永久脱毛の施術方法として最も効果的であるとされる「医療レーザー脱毛」。

 

体毛を作り出す大元である「毛乳頭」を、レーザー光線を照射して破壊するという脱毛方法です。

 

レーザー光線には様々な種類がありますが、「医療レーザー脱毛」に使われるレーザーはメラニン色素にしか反応しない特殊な光線であるため、肌の表面にレーザーを照射しても他の皮膚組織を傷つけることなく、毛穴の奥の「毛乳頭組織」のみに届けることが出来るのです。

 

また、肌への負担や施術に掛かる回数、期間も少なくて済むということから、「医療レーザー脱毛」に興味や関心を持たれている方々も多いのではないでしょうか? 

 

今回はそのような皆様の為に、「医療レーザー脱毛」の施術までの流れを順番にご紹介しましょう。

 

問診

医療機関の初診時や初めての診療科を受診する時など、まずは手渡された用紙に現在の状態や既往歴などを記入することから  始まりますよね。

 

脱毛施術を受ける場合も同じです。

 

現在の肌の状態や脱毛経験の有無、アレルギーや治療中の疾患、服用している薬の有無などを詳細に渡って把握することで、  「医療レーザー脱毛」を行なっても問題がないかどうかの確認・判断をします。

 

カウンセリング

問診に続いてのカウンセリングでは、治療内容や、レーザーの照射方法、メカニズム、施術後のケアや注意点などの説明を受  けます。

 

医療機関によって、施術手順や使用する器材などに若干違いがある場合もありますので、カウンセリングで疑問点を失くして  しまいましょう。

施術

問診、カウンセリング終了後は、いよいよ「医療レーザー脱毛」施術の開始です。
まず始めに、脱毛の前処理として“剃毛(ていもう)”を行います。

 

「医療レーザー脱毛」のレーザーは茶色や黒といったメラニン色素に反応しますので、皮膚表面の毛を処理せずにレーザーを  照射してしまうと、生えている毛に反応して火傷を引き起こしてしまう恐れがあります。

 

毛乳頭組織以外の場所を傷つけない為にも、剃毛の処理はとても重要です。

 

剃毛の処理が終わると、いよいよレーザーを照射します。照射時間は数分程度で終了します。施術直後の患部は熱を持っていますので、保冷材や冷やしたタオルなどを湿布してしばらく冷却します。医療機関によってローションや保護クリームが処方される場合もあるようです。

 

施術は1度では終わりませんが、全終了までに掛かる施術回数は概ね3回程度。毛周期に合わせて3〜6ヶ月ごと(脱毛部位  によって違います)にレーザー照射を繰り返します。

 

以上が「医療レーザー脱毛」の一連の流れとなります。

 

いかがですか?

 

永久脱毛というと、何だかとっても大掛かりで大変そう、そして敷居が高そうなイメージを持ってしまいがちですが、とっても簡単でしょ?

 

医療機関で行われる「医療レーザー脱毛」は安全性も抜群。何より施術時間や肌への負担が最小限に抑えられることが嬉しいですよね♪ 

 

是非、参考になさってくださいね。