医療レーザー脱毛 メリット

注目度ナンバー1!「医療レーザー脱毛」

医療機関において医師のみに許可されている施術が「医療レーザー脱毛」。

 

医療であることの安心感からか、数ある脱毛方法の中でも大変な人気です。

 

脱毛方法の中ではまだ比較的新しい施術方法ではあるのですが、新しいということは、従来の方法のデメリットの部分が改良・改善された最新の技術でもあるということでもあります。

 

具体的な例を挙げると、まずは圧倒的な時間の短縮と肌への負担の軽減です。

 

レーザー脱毛が登場する以前は電気針を使った脱毛が一般的でした。これは、針を通して流れる電流によって体毛を作る組織“毛乳頭”除去していくというものです。

 

しかし、この方法では毛穴のひとつひとつに電気針を挿入していかなければならず、大変な時間が必要でした。また、かなりの痛みも伴うため肌への負担も大きく、肌質によっては施術も不可能でした。

 

しかし、「医療レーザー脱毛」ではそれらを大幅に改善することが出来ました。

 

脱毛箇所によって多少の違いはありますが、レーザー照射に要する時間は数分〜30分程度です。両ワキの施術であれば、だいたい10分程で完了してしまいます。

 

照射するレーザー光線が反応するのは毛穴の中に存在する“毛乳頭”のみに留まりますので、肌への影響を最小限に抑えることが出来るのです。ま

 

た、施術する肌質も選びませんので、これまで脱毛施術を敬遠されてきた敏感肌の人でも安心して施術を受けることが出来るようになりました。

 

さらに、最近では産毛の脱毛まで出来るようになったそうです!

 

永久脱毛といえども、これまでは産毛まで完全に処理をすることは非常に難しかったのです。

 

しかし、レーザー光線の種類を何パターンか組み合わせることによって産毛の処理も可能となりました。

 

きっと、今後もまだまだ進化を遂げていくことでしょう。

 

このようにメリットいっぱいの「医療レーザー脱毛」ですが、やはりご心配な人も多いでしょう。

 

しかし、「医療レーザー脱毛」が行われるのは医療機関であり、対応するのもプロの医師です。施術の前には適応可能かどうかの診断も行われますし、施術後のアフターケアもバッチリです。

 

関心はあるけど迷っているという方、敏感肌でも本当に大丈夫?と不安な方は、一度相談されてみてはいかがでしょうか。