医療レーザー脱毛 注意点

医療レーザー脱毛」を受ける前の注意点

脱毛効果と安全性が高いことで評判の「医療レーザー脱毛」ですが、その効果を得るためには注意しなければならない点も幾つかあります。

 

医療機関で使われるレーザー脱毛の機器は、脱毛エステサロンの光脱毛機器のレーザーと比較にならないほど非常に強力なレーザー出力のため、しばしば火傷になってしまう方もいます、

 

ですから医師でしか使用できない機器とされています。

 

また、施術前には「剃毛(ていもう)」と言って、脱毛箇所の表面に生えている毛を剃る必要があります。

 

毛が生えているままではレーザーが反応してしまう為、それを避けるためにも「剃毛」は必要不可欠な処理です。

 

「剃毛」の処理は、施術当日に行われることが多いですが、医療機関によっては施術の前日にご自分で処理をしてくるように指示がある場合もありますので、事前のカウンセリング時にシッカリと確認しておきましょう。

 

紫外線に注意

施術後には紫外線による「日焼け」に十分注意するようにしてください。

 

しかし、「脱毛と日焼けにどういう関係があるのか?」と思われた方もいるかも知れませんね。

 

日焼けをしてしまうことによって、施術箇所に黒いシミ状の跡が残ってしまうことがあるのです。施術後の一週間は特に注意が必要ですので、夏場ではなくとも外出の際は紫外線対策を念入りに行ってください。

 

このようなことから、夏場の「医療レーザー脱毛」は可能であれば避けた方が良いかも知れません。

 

特に、アウトドア派で海や山に出掛けることが多い人や、既にそういった予定が入っている場合には、延期された方が宜しいかとい思います。

 

せっかくの脱毛も、跡が残ってしまっては台無しです。脱毛後の綺麗なお肌を手に入れる為にも、上記の注意点はシッカリ守ってくださいね。

 

「短期間で簡単に永久脱毛が可能!」「肌に優しく安全性も抜群♪」などといった聞こえのいい文言や施術効果だけに目を奪われがちですが、「医療レーザー脱毛」を受ける場合の注意点についても是非、認識しておいてください。